FC2ブログ

単利と複利の違い

雑記
09 /16 2019
なんとなく分かってるようでいまいちはっきりわかってなかった単利と複利の違いを調べてみました。

単利とは元本のみに利率がかかり

複利とは元本に利率がかかりさらに入ってきた利率にも利率が加わる事


うむ・・・・単利の場合10万円を毎月10%の利率で借りたら翌月には元本10万円と+利率分の10%の1万円で11万円になります。

複利の場合10万円を毎月10%の複利の利率で借りた場合翌月は元本10万+10%の利率分の+1万で11万円になります。

最初の一か月は単利も複利も同じ11万円ですがこれが二か月目になると

単利 11万円+(元本10万円の)単利分の利率10%で∔1万円で合計12万円

に対し複利だと

複利 11万円+(元本10万+前回増えた1万の11万円にたいし)10%の利率になるので合計12万千円になります。

複利とは利率で増えた金額に対してもかかる敵に回したらヤバいやつですね、さてここで気になるのが消費者金融でお金を借りた時です。


調べてみると単利という人もいれば複利と答えてる人もいます、そこで消費者金融のサイトに行って調べてみるとなんと単利とも複利とも書いてません、実質年利と書かれてます。


実質年利とはなんぞや??

実質年利を調べてみると返済の際の利息だけでなく、そこに手数料や保証料などの分も含まれた金額のこと。書かれてます。


お金を借りるときは同時に返却プランも決めるはずなので予定通りお金を返してれば元本が増えることは無いので複利は発生しようがないですが、もし、予定通り返せなければ・・・20%の遅延損害金なるものが発生してしまいこれが複利のような役割になります。

消費者金融は結果複利チックな遅延障害という武器を持った単利ですね、予定通りちゃんと返してれば元本+実質金利で決められた額以上を払うことは無いのできちんと返済を守り複利チックな遅延障害の武器を使わせないようにしましょう。
(複利は貸金業法で原則禁止されてるそうです、当事者間同士の同意があれば別)


    複利の力を手に入れて夢を叶えよう



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

水吞百姓

人生はチャレンジだ!!